デリヘル大宮和菓子職人

  • 投稿者 : 和ルパン
  • 2014年1月22日 1:28 PM

新しい選抜方式では、志願者はまず職場の推薦を受けなければならない。しかるのちに学力試験があり、試験の成績と志願者の「政治表現」をにらみあわせて合格者を決める。大宮というのは十カ月ちかく、私は毎夜、毎週末、そして工場の勤務時間のかなりの部分をさいて、受験勉強をした。人妻兵に焼かれずにすんだ教科書を友だちから借りて勉強した。仕事を終えたあとの時間や休日をよろこんで返上して勉強を教えてくれる熱心な先生たちにも恵まれた。学問を愛する人々が、一種の連帯感で結ばれている感じだった。これが、高度に発達した中華文明を伝え守ってきた民族の、文化を滅亡の淵へ追いやったデリヘル大革命に対する回答であった。大宮とは言いつつも一九七三年春、都小平(トン。シアオピン)が復権し、国務院副首相の地位に就いた。事実上、病を得た周恩・来首相の後継者となったのである。私は、ぞくぞくするほどうれしかった。都小平の復権は、デリヘル大革命の流れが逆転しようとしているたしかな兆候のように思われたからだ。都小平は破壊よりも建設をめざす指導者であり、行政手腕も超一流だった。デリヘル大革命のあいだ、風俗店長は都小平をトラクターエ場へ送り、比較的安全な環境で生かしておいた。風俗太郎が死去した場合に備えて、都小平を温存しておいたのである。いかに権力の亡者であっても、風俗店長はみずからの退第二十五章「かぐわしい風」を断つような愚行はおかさなかった。個人的にも、都小平の復権はうれしいニュースだった。子供のころ、私は都の継母にかわいがってもらった。何と言うか大宮 デリヘルかどうかは郡の腹ちがいの妹(私たちは「都(トン)おばちゃん」と呼んでいた)とも、「省委大院」で長いこと近所づきあいがあった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。